審査なしでファクタリングは可能?負担の軽減や審査落ちを防ぐためのポイントを徹底解説
公開日:2022.05.23
更新日:2024.05.15
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
目次
  1. 審査なしのファクタリングはあるか?審査がない場合のリスク
    1. 優良なファクタリング会社は「審査なし」で利用することはできない
    2. 審査なしのファクタリング会社を利用した場合は大きなリスクがある
  2. なぜ審査が必要なのか?ファクタリングの審査に関する基礎知識
    1. ファクタリングには審査が必須
    2. ファクタリングに審査が必要な理由
    3. 特に審査が厳しいのは償還請求権がないファクタリング
  3. ファクタリングの審査に関するよくある悩み
    1. 審査手続きに負担を感じている
    2. 現金化を早くおこないたい
    3. 審査に落ちてしまった
  4. 対策①審査手続きに負担を感じている
    1. オンラインで完結する会社を選ぶ
    2. 必要書類の少ないファクタリング会社を利用する
    3. 利用実績のあるファクタリング会社を選ぶ
    4. ファクタリングに出したことがある債権を選ぶ
  5. 対策②現金化を早くおこないたい
    1. 即日現金化ができるファクタリング会社を利用する
    2. 2社間ファクタリングを利用する
    3. スムーズに審査をしてもらえるよう工夫をする
  6. 対策③審査に落ちてしまった
    1. 審査にとおりやすいファクタリング会社にする
    2. ファクタリングに出す債権の種類を再検討する
    3. 買取金額が上限・下限に抵触していないか再確認する
    4. 複数のファクタリング会社に対して見積もりを依頼する
  7. 「審査の有無」以外のファクタリング会社選びのポイント
    1. 対応者は誰か|法人か個人事業主かを確認する
    2. 審査スピードが早いか|最短と最長の両方を調べる
    3. 買取手数料はいくらか|最低と最高の両方を調べる
  8. さいごに|審査なしのファクタリングは絶対に利用しないようにしよう
  • 「審査なしのファクタリング会社を利用したい」
  • 「審査に通過しやすくなるコツを知りたい」

ファクタリングの利用を考えている方のなかには、面倒な審査をなんとか乗り越える方法を探している方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、審査なしでファクタリングを利用できる会社の有無や審査が必要な理由、審査に通過しやすくなるコツなどを紹介します。

併せて、審査の負担が少ないファクタリング会社も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

審査なしのファクタリングはあるか?審査がない場合のリスク

ファクタリングは事業者が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却し、支払い期日前に資金を調達できるサービスです。

ファクタリング会社にとっては、売掛債権から資金を回収できない場合は、負債を抱えるリスクがあります。

不利益になる恐れがあるにもかかわらず、審査をせずにファクタリングをおこなう会社はありません

詳しくみていきましょう。

優良なファクタリング会社は「審査なし」で利用することはできない

優良な会社でファクタリングのサービスを受ける場合、審査は必須となります。

ファクタリング会社にとって、事業者から買い取った売掛債権から資金を回収できないと負債を抱えることになるからです。

実際、審査をしなければ売掛先や事業者が本当に資金を回収できる状態なのかもわかりません

またファクタリング会社が、売掛債権の二重譲渡のような詐欺に遭うリスクもあります。

そのため、優良なファクタリング会社ではリスクを避けるために必ず審査がおこなわれます

審査なしのファクタリング会社を利用した場合は大きなリスクがある

審査なしをうたうファクタリング会社を見つけても、利用しないのが賢明です。

ファクタリング会社は自社が損害を受ける危険性を下げるために、審査をおこなうのが一般的です。

審査をおこなわないファクタリング会社を利用すると、以下のリスクがともないます。

審査なしのファクタリング会社を使うリスク

  • 悪徳業者から高額な手数料を請求される
  • あとから買い戻しを求められる
  • 事業者だけでなく売掛先も反社会勢力とのトラブルに巻き込まれる

近年ではファクタリング会社を装った悪質な貸金業者もおり、金融庁からも注意喚起が出されています。

一般に「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。

しかし、近時、ファクタリングを装った高金利の貸付けを行うヤミ金融業者の存在が確認されています。また、ファクタリングとして行われる取引であっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものは、貸金業に該当するおそれがあります。

事業者の皆様におかれては、こうした偽装ファクタリングを利用することのないよう、十分注意してください。

引用元:ファクタリングの利用に関する注意喚起:金融庁

審査がないファクタリング会社の利用はリスクをともなうため、絶対に避けましょう。

なぜ審査が必要なのか?ファクタリングの審査に関する基礎知識

優良な会社からファクタリングのサービスを受けるには、審査が必要になります。

審査が必要になる理由を詳しくみていきましょう。

ファクタリングには審査が必須

優良なファクタリング会社では売掛債権が回収できないリスクを避けるため、必ず審査をおこなっています

審査をおこなわなければ、売掛債権を発行した売掛先の経営状態がわからず負債を被るリスクがあるからです。

万が一、回収前に売掛先が倒産してしまった場合、債権が回収できなくなりファクタリング会社は負債を背負うことになります。

また倒産しないまでも、売掛債権が本当に存在する取引によるものなのか調べることで、ファクタリング会社はリスクを下げています。

ファクタリングに審査が必要な理由

ファクタリングに審査が必要な理由は、以下のとおりです。

  • 手数料の水準を決めるため
  • 売掛債権の未回収による負債を避けるため
  • 詐欺トラブルに遭うことを避けるため

ファクタリング会社は売掛債権から資金を回収できなければ負債を負うことになるため、審査をしてリスクを減らします。

またファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社に必ず手数料を払います。

手数料は売掛債権の金額や信頼度によって変わってくるため、事前の審査が欠かせません。

ファクタリング会社は、利用者による詐欺から自社を守る必要もあります。

利用者が、すでに別のファクタリング会社に譲渡された売掛債権を持ち込む二重譲渡や、不良債権化した債権を持ち込むリスクもあるため、審査が必要になります。

特に審査が厳しいのは償還請求権がないファクタリング

ファクタリングのなかには、特に審査が厳しいものもあります。

償還請求権がないファクタリングも審査が厳しいもののひとつですが、売掛債権が回収不能になったときに債権の買い戻しをせずに済むためおすすめです。

ファクタリングを利用する際には、償還請求権があるかどうかもしっかり確認しましょう。

償還請求権がついている場合、売掛先が資金を返済しないなどのトラブルが起こると、ファクタリング会社に対し調達した資金の返済が必要になります。

すでに資金を別に回してしまっていた場合には返済も難しくなるため、あらかじめ償還請求権の有無について調べておきましょう

ファクタリングの審査に関するよくある悩み

ファクタリングのサービスを受けようと思っている方のなかには、審査に関して悩みを持っている方もいるでしょう。

ここでは、ファクタリングの審査に対して実際にどのような悩みがあるのかをまとめました。

それぞれの悩みについて、背景とともに詳しくみていきましょう。

審査手続きに負担を感じている

ファクタリングの審査を受けるには、請求書のほかにも売掛債権の根拠となる書類や商業登記簿謄本などが必要です。

資金繰りで忙しいなか、ファクタリングの審査に必要な情報を整理し、書類を集めるのは大きな負担になります。

さらに審査に向けた事前の準備に加え、審査を依頼したあともファクタリング会社とのやりとりが必要です。

このような手続きの負担が、審査なしのファクタリングを求める背景になっています。

現金化を早くおこないたい

ファクタリングが必要な方は、売掛債権の支払い期日までに現金調達をしたいと思っている場合がほとんどです。

しかしながらファクタリングには申し込みや準備、審査など時間がかかります

売掛債権の支払い期日を待つよりは早く現金を調達できますが、もどかしさを感じる人もいるでしょう。

審査に落ちてしまった

不良債権があったり、売掛債権の支払い期日が遠かったりするなどの理由から、ファクタリングの審査に落ちることもあります。

事前に審査に落ちる恐れがある要素を調べ、自分が該当している場合には、審査をおこなわない会社を選びたくなるのは当然です。

しかしながら、審査のないファクタリング会社にはリスクがあります。

審査落ちへの対策方法もあるため、審査のないファクタリング会社の利用は避けましょう。

対策①審査手続きに負担を感じている

審査手続きに負担を感じている方は、手続きを簡素化できるファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

具体的に、どのように簡素化できるのかみていきましょう。

オンラインで完結する会社を選ぶ

ファクタリング会社のなかには、審査をはじめとするすべてのやりとりをオンラインでおこなっている会社があります。

通常は郵送や対面での対応が入ることが多いため、すべてオンラインで完結できるのはとても便利です。

少しでも時間を有効活用したいと考えている方は、オンラインで対応してくれるファクタリング会社を選びましょう。

必要書類の少ないファクタリング会社を利用する

審査に必要な書類が少ない会社を選ぶのも、審査手続きを楽にしたい人におすすめの方法です。

通常ファクタリング会社に提出が必要な書類は、以下のとおりです。

ファクタリングの審査に必要な書類

  • 請求書
  • 通帳(コピー)
  • 身分証明書

ファクタリングの審査の際に必要になる可能性のある書類

  • 商業登記簿謄本
  • 開業届
  • 決算報告書
  • 確定申告書
  • 取引基本契約書
  • 印鑑証明書
  • 試算表
  • 発注書
  • 納品書
  • 税金や社会保険関係の書類 など

請求書や通帳、身分証明書などの書類であれば、用意するのは簡単です。

しかしながら、商業登記簿謄本のようにわざわざ官公庁へ出向く必要のある書類もあり、準備する書類の数が増えれば増えるだけ、たいへんになります。

もし負担を減らしたいのであれば、審査に必要な書類の少ないファクタリング会社を選びましょう。

ペイトナーファクタリングがおすすめ!

即日対応の可否
ファクタリングの種類買取
手数料一律10%
対象者フリーランス・個人事業主

必要書類が少ないファクタリング会社を選びたい方におすすめなのが、ペイトナーファクタリングです。

ペイトナーファクタリングは、フリーランスや個人事業主を対象にサービスを展開しています。

一律10%の手数料で、最短10分で対応してくれるスピード感が強みです。

ファクタリングを利用するにあたって必要な書類は、請求書と本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住基カード、パスポート)のみのため、とても手軽に審査を受けられます。

場合によっては通帳の入出金の確認が必要になりますが、面倒な手続きが必要になる印鑑証明や商業登記簿謄本などの書類の提出はいらないため、非常に便利です。

利用実績のあるファクタリング会社を選ぶ

以前利用したことのあるファクタリング会社を選ぶのも、手続きを簡易化するのにおすすめです。

ファクタリング会社に提出した過去の書類の記録が残っているため、利用者に関する提出書類の数を減らせます

ファクタリング会社が審査をおこなうのは、主に詐欺のようなトラブルを回避し負債を負うリスクを下げるためです。

過去に利用した実績があれば、信頼性もあるため審査もスムーズに進むでしょう。

ファクタリングに出したことがある債権を選ぶ

過去に売掛債権をファクタリングしたことのある売掛先の債権を選ぶのも、審査をスムーズにするためのポイントです。

ファクタリング会社には売掛先の情報も登録してあるため、より迅速に審査を終えられます

売掛先の経営状況が安定しており、特に問題ない場合には、審査に求められる情報も少なく済むのでおすすめです。

公式サイトへ

対策②現金化を早くおこないたい

ファクタリングで現金化を早くおこないたい人におすすめなのが、売掛債権を即日現金化できるファクタリング会社や2社間ファクタリングです。

審査なしのリスクが高いファクタリング会社を選ばなくても、迅速に資金を調達できるのが特徴です。

それぞれ詳しくみていきましょう。

即日現金化ができるファクタリング会社を利用する

売掛債権の支払い期日前に現金化をしたい人におすすめなのが、即日現金化ができるファクタリング会社です。

ファクタリング会社は、一般的に書類をいくつも用意する必要があり、準備の段階から時間がかかります。

しかし、なかには提出書類が少なく、即日現金化をおこなってくれるところもあります。

おすすめのファクタリング会社①アクセルファクター

即日対応の可否
ファクタリングの種類買取
手数料2%〜
対象者法人企業、個人事業主

アクセルファクターでは、最短で1時間の即日入金が可能です。

手数料は売掛債権額によって変動しますが、100万円以下は10%〜で、それ以上は売掛債権額が高いほど手数料は低くなるよう設定されています。

法人企業だけでなく、個人事業主にも対応してくれるのも特徴です。

ほかのファクタリング会社では買い取り下限額50万〜100万円が多いなか、アクセルファクターでは30万円から買い取りをしてくれます。

公式サイトへ

おすすめのファクタリング会社②ビートレーディング

即日対応の可否
ファクタリングの種類買取
手数料2%〜
対象者法人企業、個人事業主

ビートレーディングも即日対応してくれるファクタリング会社です。

取扱件数58,000件以上の実績をもち、最短2時間で入金してくれる迅速さがポイントです。

手数料は2%〜で、個人事業主であっても売掛先が法人企業であれば利用できます。

場合によっては売掛先が個人事業主でも対応してくれることもあるので、まずは相談しましょう。

必要書類が少なく、請求書や注文書などの売掛債権に関する資料と通帳のコピー(表紙付き2か月分)があれば審査できるのもうれしいポイントです。

公式サイトへ

おすすめのファクタリング会社③QuQuMo(ククモ)

即日対応の可否
ファクタリングの種類買取
手数料1%〜
対象者法人企業、個人事業主

QuQuMo(ククモ)も即日で対応してくれるファクタリング会社です。

オンラインですべて完結できる手軽さと最速2時間で申し込みから入金まで完結するスピード感が魅力です。

必要書類は請求書と通帳のコピーの2つだけで、簡単に手続きできます。

手数料は1%〜と低く、上限金額もありません。

弁護士ドットコムが監修したクラウドサインで契約をおこなうため、外部に情報が漏れる心配もなく安心です。

公式サイトへ

2社間ファクタリングを利用する

現金化を急ぎたい方におすすめなのが、2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社のみでやり取りをおこなうファクタリングの方法で、売掛先を含める3社間ファクタリングよりもスピーディーに現金化を進められます。

3社間ファクタリングの場合には、売掛先との交渉も必要になるため時間がかかるのが一般的です。

もし現金化を急ぐ必要がある場合は、2社間ファクタリングを選びましょう。

スムーズに審査をしてもらえるよう工夫をする

現金化を急ぐのであれば、審査にとおりやすいよう事前に準備をしておくのがおすすめです。

審査が早く進むよう、利用を検討しているファクタリング会社で必要になる書類はあらかじめそろえておきましょう。

また手続きの都合上、午後に申し込むよりも午前中に申し込んだほうが入金されるタイミングが早くなる可能性が高くなります。

即日入金を目指す場合には、午前中のうちに申し込みを済ませましょう

対策③審査に落ちてしまった

審査に落ちてしまった場合、「自分はどこからも審査が下りないのではないか」と不安になる方もいるでしょう。

しかしファクタリング会社はたくさんあり、審査に必要な書類も異なります。

万が一、審査に落ちてしまった場合には、どのような対策をすべきなのかみていきましょう。

審査にとおりやすいファクタリング会社にする

いくら審査に落ちてしまったといっても、審査のないファクタリング会社を選ぶのはやめましょう

ファクタリング会社のなかには、審査にとおりやすいところもあります。

審査が厳しい会社で落ちたとしてもほかに対応してくれるところもあるので、諦めずに審査を受けましょう

倒産リスクがなければ審査に通るBESTPAYがおすすめ

即日対応の可否不可(最短翌日)
ファクタリングの種類買取
手数料5%〜
対象者法人企業、個人事業主

BESTPAYは、審査にとおりやすいファクタリング会社です。

依頼企業に倒産リスクがなければ、基本的には審査にとおります。

売掛債権になる前の注文書が発注された段階で買い取りをしてくれるのもポイントで、最短で翌日には入金してくれます。

調達した資金を外注や仕入れ費用にあてられるため、少しでも早く現金化したい人におすすめです。

公式サイトへ

ファクタリングに出す債権の種類を再検討する

審査に落ちてしまった場合、ファクタリングに出す売掛債権の種類をもう一度検討してみるのもおすすめです。

自社に問題がないのに審査落ちしてしまったのであれば、売掛債権に問題がある恐れがあります。

一般的に公共団体や自治体、大手企業の売掛債権は信用が高く、審査もとおりやすくなります。

返済期限が明記されているもので期限が短い債権も審査にとおりやすいため、ぜひ再検討してください。

買取金額が上限・下限に抵触していないか再確認する

ファクタリングの審査に落ちる理由のひとつに、買取金額が上限もしくは下限に抵触している場合があげられます。

ファクタリング会社によっては、現金化できる金額に限度を設けていることもあるので注意してください。

もし限度に抵触していた場合には、ほかのファクタリング会社を探しましょう。

複数のファクタリング会社に対して見積もりを依頼する

1社の審査に落ちても、ファクタリングを諦める必要はありません。

ファクタリング会社によって審査基準が違うため、複数の会社に依頼し見積もりをとりましょう。

倒産寸前でない限り、ファクタリングをおこなってくれる会社は見つかります。

もし複数の会社で審査にとおった場合には、しっかり見比べて一番条件の良いところと契約してください。

「審査の有無」以外のファクタリング会社選びのポイント

ファクタリング会社を選ぶ際、審査の有無以外に見るべきポイントを紹介します。

スムーズに契約するためにも、しっかりポイントを押さえましょう。

対応者は誰か|法人か個人事業主かを確認する

ファクタリング会社がどのような対象にファクタリングをおこなっているのかを調べるのは、大切なポイントです。

ファクタリング会社のなかには、法人企業にだけファクタリングをおこなっている場合があります。

逆に個人事業主やフリーランスにだけファクタリングをおこなっている会社もあるため、自分が対象になるのかあらかじめ調べておくことが大切です。

調べないまま審査を依頼してしまうと、時間を無駄にすることになるため気をつけましょう。

審査スピードが早いか|最短と最長の両方を調べる

早急な現金化が必要な場合、審査スピードが気になるところでしょう。

ファクタリング会社のホームページの多くは、トップページに審査の最短日数が掲載されています

同じ会社の最長日数も調べておくと安心です。

2社間ファクタリングの場合には即日〜3営業日、3社間ファクタリングなら7〜10日間が入金までの目安です。

できるだけ早く入金してくれる優良なファクタリング会社を探しましょう。

買取手数料はいくらか|最低と最高の両方を調べる

売掛債権の買い取りの際にかかる手数料も、ファクタリング会社を選ぶ際のポイントです。

売掛債権の額によって手数料が変わる場合も多いため、事前に調べておきましょう。

買取手数料は売掛債権の額が大きいほど、買取手数料が安くなるのが一般的です。

売掛債権の額が大きい場合、手数料の数%の差でも支払う金額は大きく変わります。

会社によっては1%〜のところもあるので、念入りに調べましょう。

さいごに|審査なしのファクタリングは絶対に利用しないようにしよう

ファクタリング会社には、事業者から買い取った売掛債権から資金を回収できなければ負債を負うというリスクがあります。

負債を負うリスクを下げるためにあるのが、審査です。

審査がないとうたっているファクタリング会社を見かけるかもしれませんが、高額な手数料を請求されたり、あとから買い戻しを求められたりなどのトラブルに遭うリスクが高いため、絶対に利用しないでください

場合によっては、事業者だけでなく売掛先も反社会勢力とのトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

社会的な信用問題にも発展し、最悪の場合には廃業に追い込まれる恐れもあるため注意が必要です。

審査があっても、即日入金の対応をしてくれる会社や手続きが簡単な会社もあります。

リスクを負って審査なしの会社を選ぶのはやめ、優良で対応の良いファクタリング会社を頼りましょう

この記事の執筆者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。